ドラマと映画と私のかたち

大好きな海外ドラマ・洋画について熱く語ります。 只今、カナダドラマ「フラッシュポイント -特殊機動隊SRU-」を絶賛応援中!!!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本番!Fan Expo Canada 2日目!(その3:FP編)(トロント旅行記8)

 実はなんと言って自分を指名されたか分からなかったんですが、なんとか自分が指名されたというのは分かり緊張しつつ立ち上がりました。(聞き直したら"woman who loves Flashpoint"と言われてました。団扇を掲げてたので)
 走り書きの下書きと、頭の中で何度も反芻したことを話そうと口を開いたんですが、なんというか・・・この緊張半端なしです!!!(>_<)頭の中、ぐちゃぐちゃ。。。そうしてると「彼女は日本から来たのよ」って一番前にいるSharon(番組のプロデューサーの一人)が叫んでるし。orz

 「まず最初に、こんな素晴らしいドラマを作って下さってありがとうございます。(すでに最初にどもった!)
 Flashpointはカナダのトロントが舞台のドラマなんですが、何かとてもトロント的あるいはカナダ的な要素をドラマに取り入れましたか?私は日本人なのでそこら辺がよく掴めなくて・・・例えば、"Double-Double"って何か全く分からなかったんですよね。(ここで会場中から爆笑と拍手を頂く。狙いはバッチリ★)
 だからもしそれらを取り入れているならば、どこら辺に注意して見ればドラマをより楽しめるでしょうか?」

 という質問を意図したですが、なんせ文法も時制もめちゃくちゃでした。。。本当に好きな相手だとやっぱり緊張して喋れなくなるのですね。いや、もちろん英語を喋れるというほどでもありませんが、それでも去年シカゴで参加したスターゲイトコンだと多少はましに質問出来てた気がします。。。ガックリ。

 長くて回りくどい私の質問は、そこはそれ司会者によって簡潔に纏められて(ありがとうございます)、クリエイターの二人によってお答えを頂きました。
DSC00026b.jpg

 それによれば、Flashpointドラマそのものがカナダ的であるということ。(ここはMarkが米国との違いをちらりと話していました)特にStephanieによれば、ドラマのスローガンにもなっている"Keep the Peace"というのが既にすごくカナダを象徴してるものだそうです。

 私の英語力ですから簡潔にまとめ過ぎてたらすみません。ただどこがどうという面白エピソードを答えで貰うことはなく凄く真摯に答えてくれたそれに、今更ながらFlashpointというドラマにどれだけ思い入れて制作してきたのか感じ取ることが出来ました。ありがとうございます。

 では他に面白いQ&Aをちらりとご紹介していきましょう。(例によって、滅茶苦茶な意訳、また順不同でのご紹介です。間違っているところがあればご指摘下さい、随時訂正致します。)

 ●「一番お気に入りのエピソードは?」
  Mark: 1st S1x12"Haunting the Burn"
     2nd S2x10"One Wrong Move" for especially Sergio's reaction.
  Stephanie: S3x18"Behind the Blue Line"
  Olunike: "自分が出ているのは全部"
  Sergio: S3x07"Accectable Risk"(タイトルを覚えてなかったのですが、会場内から答えが)
  David: S1x12"Haunting the Burn"
f0357504b.jpg

 ●「また違うドラマで警官役を演じたい?」という司会の言葉を受けて、Olunikeは「もちろんよ」と即答。他の二人からは答えが返らず、「どうなんだい?だってちゃんと訓練を受けたし、どうやって銃を構えるかももう分かってるだろ?」にDavidは「僕はあのユニフォームが恋しいよ、本当にね」と。
DSC00028b.jpg

 ●「セットから何か貰って来たものはありますか?もしあるなら何を?そして何故?」
 David「(冗談で)銃・・・(会場爆笑)いや、僕はシャツを持ってるかな。(その後が聞き取れず)」
 Sergio「僕は沢山の物を持ってるよ。(会場爆笑)(その後が聞き取れず)」
 Olunike「私は全部の脚本をとってあるわ。あとは(StephanieとMarkを見つつ)貴方達が最後にくれた時計を」

 ●「リスナー the Listener」のS3x08話でスパイクが登場していることに対して、どうして出演することになったのか?という質問に、Sergioが「スパイクが怪我して病院に行くと・・・何が起こったと思う?OZがいたんだ!それってクレイジーなことかい?それは偶然でただそうなったんだよ。
 楽しかったよ。Ennis(リスナーでオズ役)と僕はとてもいい友達なんだ。一緒に演技することをとても楽しんだよ。

 キリがないのでとりあえずここらでupしておきますね。
 いずれ、海外組の協力をへて、全部訳せたらな~と思いつつ★
 英語のみですが、音質はあまり良くないのですが全部をupしてくれたKatrinaに感謝感謝です。

video by KatrinaFPfan (Thanks a lot!!)

 さてパネルが終了すると、今度はサイン会です!
スポンサーサイト

| Fan Expo Canada 2012 | 08:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本番!Fan Expo Canada 2日目!準備編(トロント旅行記6)

 Fan Expo Canadaの二日目です。この日の目当ては、Flashpointだけ!!パネルは3時からってことで、朝食を済ませた後は、それぞれのキャストに渡す手紙を書き書き。。。4通書いたところで、スタッフに向けても書きたかったけれどこちらは気持がおっつかなくて、結局諦めました。前夜にもツイッターで呟いてたところ、(日本にいる時は、海外のフラッシュポイントファンとは全く繋がっていなかったのに、参戦を決めたところで、どんどんとフォロワーが増えました。やっぱり公式の力は凄いです!)関係者とは会って多少なりとも話が出来るだろうし・・・と思ったので。

 そしてチョコレートをデコる!!!
DVC00017b.jpg

 あとはお手製Tシャツ、どちらにしようかな~~ってもちろん今日は左の★
DVC00999b.jpg

 そして、出発間際に徹夜で作った団扇・・・<3
fp_fan.jpg

 準備が整ったところで、1時過ぎくらいにようやく出かけました。ホステルからは歩いて20分くらいです。

 私でも迷わない位置にある会場へ着いて(なんせ迷子の名人)、一番にCTVブースへ行こうと思ってたのですが、まずはFlashpointのパネル会場へ下見に。まだ一時間以上もあるから~~とゆうに構えてたら、入口の横にあれれ・・・もう人が並んでる???
 よもやと思いつつ聞いてみると、「フラッシュポイントのパネルだよ」と言われ、急遽予定変更。一番に並んで、最前列をゲットしたかったのに!!!カタログには「15分前には会場へ行くことをおススメします」なんて謳ってあったのを鵜呑みにした私が馬鹿だった。。。「階段のところまで列は続いてるよ」と言われて歩いてく。まだ一時間以上あるのに、長蛇の列!そーいやFlashpointはカナダ、しかもトロントで撮影された地元ドラマでした。人気があって当たり前っちゃー当たり前。。。

 己の不甲斐無さを呪いつつ列の最後尾に並んでると、すぐに後ろには女の子二人とそのお母さんが来て、見る間にどんどん人が増えていく。なんでも長女がFlashpointの大ファンらしくて、お母さんは付き添い。下の女の子もまだ小さいのに大人しくしてる。やっぱりこちらでは、コンベンションって文化の一つになってるんだなぁ。ちなみに長女ちゃんのお気に入りキャラはJulesだそうです。:)
 1時間も一人で暇~~ってことで、後ろの親子とおしゃべりしたり、たまらず座り込んだら前(というか壁を背にしてるのでむしろ隣)の男性がバトルスターギャラクティカのブロマイドを眺めてたんですが、それが小さく全員が入ってる写真で、しかもそれに数えきれないくらいのサインが。。。うわ、凄い!と聞いてみたら、今回はBSGでアポロ役のジェイミー・バンバーのサインを貰いに来たらしいです。うほほ。本当は彼のパネルも聞きたかったそうだけど、フラッシュポイントの列が凄かったから諦めてこちらに並んでるみたい。「マルチコンでは、全部を見ることは出来ない」とぼやいてたけど、激しく同感。まさに「こちらを立てれば、あちらが立たず」状態ですものねぇ。

 そうこうしてたらようやく列が進んだ~~~!!!!「やっとだね!」とわくわくしつつ、会場へ入ると既に人が半分以上埋まってる、うわーーーん!まともに見えないんじゃないかと思ってたら、いきなり声を掛けられました。。。

 続きは、次回。

| Fan Expo Canada 2012 | 08:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fan Expo Canada初日!まとめ (トロント旅行記5)

 Rainbow Francksは会場を出たところでファンに囲まれていました。わぁい!彼に会えるなんて、すんごいボーナスです。最近では「リスナー」のS3でレギュラー出演してます。実はこっそりCTVブースでFlashpoint同様に参加しないかなぁと思ってたのですが、秋の新作ではないために除外されてしまったようです。ガックリしてたので、これは本当にビックリしつつ自分のラッキーさを実感しました。めちゃくちゃ嬉しい。
 「リスナー」ではハゲで出演。そのためか、頭に被ってる帽子が凄く可愛くてよく似合っています。
 RF01

 最初は周りで眺めてたんですが、すんごく気さくな人で見ててますます嬉しくなりました★
 サインも写真もお願いしたかったのですが、とりあえずは他にファンもいるし・・・ということで、先に写真だけお願いすると快諾して頂きました。Rainbowと一緒に来てる方が写真を撮って下さいました。
RF02

 「日本から来ました~」と言うと「楽しんでる?」って。うん!写真は撮って他の方が待ってたのですぐに離れたためにそれ位しか話せなかったんだけども、そのまま眺めてたらサイン貰ってる人も!うわ、スターゲイト:アトランティスのDVDに羨ましい!!
 私も出来ることなら・・・とカバンをゴソゴソして日記帳と必須の銀ペンを取り出して用意。(爆)そうしてると、一緒に写真を撮りたいとコスプレした人が準備してる間に、サインをお願いできました!これが・・・地面にしゃがんで膝の上ですっごく丁寧にサインしてくれるんですよ~~~感動しちゃいました。ここぞとばかりに、自分もしゃがんでお話。

 「twitterで私の呟きをRTしてくれてありがとう!」
 「え、してた?」
 「うん(笑)、あと質問にも答えてくれてありがとう。私はリスナーが大好きで・・・貴方は撮影の間、髪の毛を足元に転がしておくんだよねぇ?(笑)」(これは、初めてリスナーでRainbowを見た時に嬉しかったけど、ハゲってのにもビックリして思わず髪の毛はどこだー?とtweetしてたら彼が答えてくれたのです。質問したつもりじゃなかったのに・・・(笑))
 「あぁ!うん、そうそう(笑)」
 「私、CTVブースにリスナーも来ると思って期待してたんだけどなー」
 「そうなんだよ、リスナーは呼ばれてないんだ。良いドラマなのにね。でも僕は週末ずっとFan Expoにいるよ」

 ほんの2分くらいだけど、ちゃんとお話出来て満足!!一生懸命時間をかけてサインをしてくれたRainbow、ファンが思わず「彼はアーティストだな」と言ったほど。(笑)本当にこんなに時間をかけて丁寧にサインしてくれる人を初めて見ましたよーーー。海外のSGAファンが、次回のStargate Chicago Conには是非ともRainbowを!!って言ってるけど、一人一人にこんなに丁寧なサインしてたらどれだけ時間かかるのかしら・・・と思わず考えちゃいました。(苦笑)
DSC_0063b.jpg

 私のFan Expo Canadaは完全にRainbow Francksで終わっちゃいました。あんまり嬉しくてそのままホステルに戻ってしまったので、「Revolution」の試写に参加しようと思ってたのを忘れてました。(爆)
 そして、ホステルにはちゃんと私の荷物が届いてましたよ!!!!よかった~~~~!!!!これで、明日の本番に備えられます!

 さぁ、明日はいよいよFlashpointのみんなに会えます!(悶絶)

 そうそう、SGAのTシャツ写真のリクエストを頂きましたので、DWのと一緒にご紹介しておきますね。
DSC_0072b.jpgDSC_0073b.jpg

| Fan Expo Canada 2012 | 07:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fan Expo Canada初日!後編 (トロント旅行記4)

 メイン会場に戻ったらサインブースのところで行列が・・・何かと思ったら写真OP(好きな俳優と一緒に写真が撮れる権)チケットを買うのに並んでる列とか。うぬぬ。もちろん並ぶしかありません。でも列がなかなか進まなくて結局1時間ほどかかりましたよ。一人は暇~~~ってことで前にいるお兄さんに話しかけ。。。アメコミファンらしくて、スタン・リーにサイン貰って一緒に写真撮ってもらうと興奮してました。(笑)
 列に並んでるうちに、処刑人兄役のショーン・パトリック・フラナリー登場。ファンの要望に快く応えて、ファンの傍まで下りてくる姿にはちょっと感動。(写真もOKしてましたー)噂には聞いてましたが、いい人だぁぁ。そんなのを横目に眺めつつ並んでたんですが、列を整頓してるスタッフのおじさまは「SPFの写真が撮りたかったら、撮りに行ったらいいよ~」ですって!なんて素敵なの!!一時列を離脱して私のダメカメラでもなんとかズームで顔が撮れるくらいに近づいたのですが、ブレてて全滅。。。(ガックリ)
P1060663b.jpg

 それぞれの俳優さんと一緒に写真を撮れる時間は決まっていて、他のスケジュールと上手く調整しなければいけません。カタログと睨めっこしながら決定。結果3日目が集中的に写真OPを行うことに。写真撮りたい人は沢山いますが、如何せん先立つものが限られているので厳選しました。。。このチケット、写真回収するまでなくしてはいけません。
photo op tickets

 こちらもぼけぼけになってしまった。元祖ハルクのルー・フェリグノ。(Lou Ferrigno)この方、近年のハルク映画でもハルクの声をやってたり、警備員役で登場してたりするんですね~。
P1060690b.jpg

 さて、一度ホステルへ戻りビデオカメラ抱えて、8時から「スターゲイト:アトランティス」のジョン・シェパード役、ジョー・フラニガン(Joe Flanigan)のパネルに間に合うように戻ってきました。
 結構会場は広いかな。真ん中よりも前の方に座れましたが、私のコンデジではズームを最大限にしても小指ほどのJoeが精いっぱい。。。(苦笑)とりあえず、Joeが大好きな友達の為に頑張ってビデオ撮影しました~~。写真もいくらか撮ったのですが、かなり画像が粗かったです。(加工して何とか見える位には・・・)
JF03

 ちゃんと司会もつくのですね~~。私にはさっぱり分かりませんでしたがカナダでは有名な人だったのかしら??最終日のアマンダ・タッピングのパネルの時にも同じ人が司会をしてました。観客の反応がかなり良かったです。
 始まった時は結構空席があったものの、いつの間にか満席になっていてやっぱりスターゲイトは人気あるんだな~と実感。そして始終にこやかでご機嫌のJoe。やはり質問はスターゲイト関連が多かったです。英語があまり得意でないうえにJoeの英語が私には聞き取りにくくて、超絶意訳プラス勝手な想像(そして順不同)で申し訳ないのですが、少しだけお届けします。間違いがありましたら是非ご指摘下さい。随時訂正致します。 

●素晴らしい5年間を過ごしたと何度も言うJoe。今もお互い連絡を取り合っているようで、ロノン役のJason Momoaは前日、マッケイ役のDavid Hewlettは当日の朝に連絡があったとか。

●スターゲイト:アトランティスのキャストで誰を叩きたいかという面白い質問が。「僕は番組の中で君がマッケイを叩くのを見るのが好きなんだ」「僕もだよ」というJoeの答えに会場爆笑。実はあのシーンは、撮影してるのを忘れてて思わずJoeの手が出ちゃったのを番組で使われた・・・というのがはじまりだそうで。今では多くのファンに愛されてるシーンになりJoeも喜んでいます。

●JoeのルームメイトでもあったJasonとは特に仲が良いようで、それだけ面白い話が沢山あるようです。彼はとても悪戯好きでもあり、エロ雑誌の1ページをPCが入った鞄に仕掛けられて、空港のセキュリティで開かざるを得なかったJoeはビックリ!女性スタッフもビックリ!!会場は大爆笑!!!

●何度聞いても面白いJoeのヘアリスト泣かせの髪形!どんなに固めても時間が経てば、ピン、ピン・・・と立ってしまうのを手で表現しつつ・・・(笑)
JF04

●ウィアー役のTori Harriganが降板した後、女性起用を希望したJoeに暫くしてスタッフから「Amanda Tappingはどう?」と連絡がありました。「彼女はとても素晴らしい人物であり、友達であり、一緒に仕事をしやすいけれども、一つだけ懸念したんだ。それはスターゲイト:アトランティスはSG-2ではないということ」
アトランティスのオリジナリティを大事に思っていたようです。

●S1ではシェパードの部下、フォード役を演じてたRainbow Francksが実は会場後ろにいました!パネルの途中で彼を指さして紹介!!
JF02

JF01

1時間はあっという間。その全部をyoutubeで見つけたのでご紹介しておきます。


この後、Rainbow目指して会場後ろへダッシュした私です。

| Fan Expo Canada 2012 | 07:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fan Expo Canada初日!中編 (トロント旅行記3)

 まだまだ会場内はガラガラ。週末はどれくらい人が増えるのか見当もつきません。まずは最初にCTVのブースへ。そんなに大きくないです。とりあえずはFlashpointのS5のプロモが流れていたのでカメラに収めました。
CTV01

 あとは会場内をとにかくうろうろ。。。8時まで時間はたっぷりあるんだもの~。「ウォーキングデッド」のトートバック持ってる人がいやに多いと思ったら、ゲームのブースに無料頒布していました!嬉しい~~~ってことで一つ貰う。(この日は何人かに「それどこで手に入れたの?」と聞かれた。やっぱり人気あるのねぇ)
TWD01
 
 無料頒布の品がとにかく沢山あって、ポスターとかも色々頂きました。持って帰るのが大変ですが、それはまたあとで考えるとして。(笑)あとは商業ブースでTシャツが沢山!!!「スターゲイト:アトランティス」のS4バージョンがありました。(喜)「ドクターフー」は凄く沢山の種類が。色々悩んでやっぱりDalekですよ。むふふ。

 「アベンジャーズ」のブースではステージが作られてて、その後ろには巨大ポスター。
Avengers01

 Legoのコーナーでは実物大かと思うほどの「ホビット」のビルボとガンダルフが。(全部Lego!)Lego01

 そしてHobbitの超巨大ポスターが!
Hobbit01

 「スターウォーズ」関連のコーナーでは凄く精巧な実物大ダース・モールがいました。カッコいい!!
SW02

 メイン会場を出て歩いていると、なんと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンが!!
De Lorean

 更に進むと色んなメカたちが・・・。凄いなぁ、ヲタクパワー!(笑)
SW01

 うろうろしてたら2時間なんてあっという間でした。

| Fan Expo Canada 2012 | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。