ドラマと映画と私のかたち

大好きな海外ドラマ・洋画について熱く語ります。 只今、カナダドラマ「フラッシュポイント -特殊機動隊SRU-」を絶賛応援中!!!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

行ってしまえ、トロントに!(トロント旅行記1)

いよいよ、FlashpointのJules役Amy Jo Johnson企画の短編映画「BENT」の募金キャンペーンが余すところあと1日!!!まだ未参加の皆様、Amy JoのCD、彼女とWordy役のMichael Cramのサインも手に入っちゃうこの企画をお見逃しなきよう、急げ~~~!(少額は10ドルから。募金額に応じて特典が変わります。アソシエイト・プロデューサーとして名前を残すことも出来ますよ)
映画はいよいよ4日後から撮影開始となります。ラストチャンスはこちらから!


さて、ようやく重い腰をあげてトロント旅行記を。お待たせいたしました!

Flashpointにすっ転んでから、DVDをレンタルしてS1とS2は見たのですが、色々調べていくうちに実はS2は18話であると判明。不足分のS2エピソード、そしてS3とS4も原語で見て、Flashpointへの熱はどんどんと上昇。twitterで関係者をフォローしてるうちに、S5の撮影が始まり6月には見に行けるかなぁ・・・と思ったのですが、金銭的問題で泣く泣く諦め、そうしてるとなんと「S5を最終シーズンとして、Flashpointは終了します」と公式に発表がありました。まさに寝耳に水。。。後悔先に立たずとはこのこと。もうTeam Oneの面子や関係者たちには会えないわ~~と悲しみに明け暮れつつ仕事をしていました。

が!神は見捨てていなかったのです。実は以前からFan Expo Canadaというコンベンション(有名人が多く参加し、有料でサインをもらったり、一緒に写真撮れたり、コスプレイヤーが沢山て・・・と、映画・ドラマ・コミック・ゲームのイベント)があるのは知っていましたが、公式サイトを見てゲストをチェックしても「いいな~~会いたいなぁ、でもわざわざカナダまで行かなくても次回どこかで会えるよね」って感じで流していたそのイベントに、
まさか2週間前になってCTVブースでFlashpointが参加します。Enrico(Greg役)、Sergio(Spike役)、David(Sam役)、Olunike(Leah役)も行くよ!と発表されるなんて!!!!

どうしよう、どうしよう、どうしよう・・・、行きたいなぁ・・・でもなぁ、無理だよなぁ・・・行きたいなぁ・・・でもなぁ・・・と凄くぐるぐるぐると悩みまして。
 結果的には、イベントが始まる4日前、日本を出発する3日前に決心して航空券を取りました。イベントチケットに至っては締切り直前。我ながらがアホだよなぁ・・・と思いますが、なんせもう撮影は終わってしまってあとは放送を待つだけの番組。しかもカナダドラマとくれば、この機会を逃したら次はありません。SFや米国ドラマだったら、次回のコンベンションで・・・って可能性はあるのですがねぇ。
 そもそもEd役のHugh DillonやJules役のAmy Joは歌手でもあるので、ライブで姿を拝む機会はありそうなのですが、その他の俳優にはなかなかチャンスがないでしょう。更に追加情報で、クリエイターの二人、Stephanie MorgensternやMark Ellisまでもがパネルに参加と聞いてはいてもたってもいれられず。。。

 もしドラマ自体のプレミアがあるなら・・・とtwitterで関係者に問いかけても「うーん、私個人的な意見としては日本からわざわざFan Expoに来るほどではないと思うわよ」とスルーされ、すでに旅行会社で航空券を探してた私としては軽くショックを受けたりもしたのですが、むしろ反骨精神を刺激されたというか、なんとか周りを調整して行ける目処が立った時に、「私も当日会場にパネルを見に行くわよ~」と呟いていたところへ「じゃあ、当日お会いしましょう!日本から行きますよ~」と呟き返したら、「えぇ!?本当に来るなんて信じられない!是非とも声をかけてね!」「ちゃんと会場で自己紹介して下さいね」と反応が。。。

あぁ、本当にインターネットって世界を広くするんだなぁ。。。便利な世の中!というか、こんなに関係者からお答えを直接頂いたのは、ドラマ多しと言えどFlashpointだけです。カナダ人の人の良さに感激しつつ、自家製フラッシュポイントTシャツとぎりぎりでうちわを作る私でした。
 そして、徹夜のまま関空へ向かう私の姿が。。。

空港では何かしらトラブルがある!という伝説を持つ私。今回も然り!
 まずは関空のチェックインカウンターでESTAを取る羽目に。(米国経由でカナダなのに必要だなんて誰も教えてくれなかったーー!)あわや飛行機に乗れなくなるところでした。Unitedのグランドスタッフさんに感謝!!(感涙)
 そしてサンフランシスコでは2時間の出発の遅れ。
 ようやくトロント到着は夜中の1時で、とどめは荷物が無い。。。

泣く前に思わず笑ってしまった(壊れたとも言う)私ですが、とにかく「明日には見つかるから、宿泊先へ届けてあげるよ」という言葉を信じ、手続きを済ませるともう2時回ってる。空港内の両替もインフォメも閉まってますよ!きゃーーーーどうやってホステルまで行けばいいの。と途方に暮れること数分。またも空港内野宿が頭を掠めましたが、それでも宿泊予約してたので泣く泣くタクシー(リムジン?)でホステルへ。
 日頃は学生で週末だけタクシー会社で働いてるという運ちゃん相手に愚痴りつつも、唯一私を慰めてくれたのは暗闇にもライトアップされてトロントに来たんだ!と実感させてくれるCNタワーでした。

cntower_at_night

寝たのは3時過ぎてたよ!目が覚めたら、いよいよFan Expo Canadaの初日です!!

が、続きは次回。
スポンサーサイト

| カナダ:トロント Toronto, Canada | 00:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。