ドラマと映画と私のかたち

大好きな海外ドラマ・洋画について熱く語ります。 只今、カナダドラマ「フラッシュポイント -特殊機動隊SRU-」を絶賛応援中!!!

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カナダの地よりサプライズ!!

昨日帰宅すると・・・カナダからギフトが届いてましたぁ!!!!(狂喜)

gift.jpg

Fan Expo Canadaで「私からのプレゼントで、好きなグッズをあげるわ!」なんて言ってくださってたFlashpointのプロデューサーさんですが、まさか本当に・・・。ビックリです。感激~~~★

フラッシュポイント万歳!!!!

写真はファンレター送ると誰でも貰えますよ。(でも全部頂けるかどうかは不明です。その希望の旨を書いておくとよいかも)

これからももっともっと頑張って応援していきます!
スポンサーサイト

| フラッシュポイント:Flashpoint | 08:24 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

本番!Fan Expo Canada 2日目!(その3:FP編)(トロント旅行記8)

 実はなんと言って自分を指名されたか分からなかったんですが、なんとか自分が指名されたというのは分かり緊張しつつ立ち上がりました。(聞き直したら"woman who loves Flashpoint"と言われてました。団扇を掲げてたので)
 走り書きの下書きと、頭の中で何度も反芻したことを話そうと口を開いたんですが、なんというか・・・この緊張半端なしです!!!(>_<)頭の中、ぐちゃぐちゃ。。。そうしてると「彼女は日本から来たのよ」って一番前にいるSharon(番組のプロデューサーの一人)が叫んでるし。orz

 「まず最初に、こんな素晴らしいドラマを作って下さってありがとうございます。(すでに最初にどもった!)
 Flashpointはカナダのトロントが舞台のドラマなんですが、何かとてもトロント的あるいはカナダ的な要素をドラマに取り入れましたか?私は日本人なのでそこら辺がよく掴めなくて・・・例えば、"Double-Double"って何か全く分からなかったんですよね。(ここで会場中から爆笑と拍手を頂く。狙いはバッチリ★)
 だからもしそれらを取り入れているならば、どこら辺に注意して見ればドラマをより楽しめるでしょうか?」

 という質問を意図したですが、なんせ文法も時制もめちゃくちゃでした。。。本当に好きな相手だとやっぱり緊張して喋れなくなるのですね。いや、もちろん英語を喋れるというほどでもありませんが、それでも去年シカゴで参加したスターゲイトコンだと多少はましに質問出来てた気がします。。。ガックリ。

 長くて回りくどい私の質問は、そこはそれ司会者によって簡潔に纏められて(ありがとうございます)、クリエイターの二人によってお答えを頂きました。
DSC00026b.jpg

 それによれば、Flashpointドラマそのものがカナダ的であるということ。(ここはMarkが米国との違いをちらりと話していました)特にStephanieによれば、ドラマのスローガンにもなっている"Keep the Peace"というのが既にすごくカナダを象徴してるものだそうです。

 私の英語力ですから簡潔にまとめ過ぎてたらすみません。ただどこがどうという面白エピソードを答えで貰うことはなく凄く真摯に答えてくれたそれに、今更ながらFlashpointというドラマにどれだけ思い入れて制作してきたのか感じ取ることが出来ました。ありがとうございます。

 では他に面白いQ&Aをちらりとご紹介していきましょう。(例によって、滅茶苦茶な意訳、また順不同でのご紹介です。間違っているところがあればご指摘下さい、随時訂正致します。)

 ●「一番お気に入りのエピソードは?」
  Mark: 1st S1x12"Haunting the Burn"
     2nd S2x10"One Wrong Move" for especially Sergio's reaction.
  Stephanie: S3x18"Behind the Blue Line"
  Olunike: "自分が出ているのは全部"
  Sergio: S3x07"Accectable Risk"(タイトルを覚えてなかったのですが、会場内から答えが)
  David: S1x12"Haunting the Burn"
f0357504b.jpg

 ●「また違うドラマで警官役を演じたい?」という司会の言葉を受けて、Olunikeは「もちろんよ」と即答。他の二人からは答えが返らず、「どうなんだい?だってちゃんと訓練を受けたし、どうやって銃を構えるかももう分かってるだろ?」にDavidは「僕はあのユニフォームが恋しいよ、本当にね」と。
DSC00028b.jpg

 ●「セットから何か貰って来たものはありますか?もしあるなら何を?そして何故?」
 David「(冗談で)銃・・・(会場爆笑)いや、僕はシャツを持ってるかな。(その後が聞き取れず)」
 Sergio「僕は沢山の物を持ってるよ。(会場爆笑)(その後が聞き取れず)」
 Olunike「私は全部の脚本をとってあるわ。あとは(StephanieとMarkを見つつ)貴方達が最後にくれた時計を」

 ●「リスナー the Listener」のS3x08話でスパイクが登場していることに対して、どうして出演することになったのか?という質問に、Sergioが「スパイクが怪我して病院に行くと・・・何が起こったと思う?OZがいたんだ!それってクレイジーなことかい?それは偶然でただそうなったんだよ。
 楽しかったよ。Ennis(リスナーでオズ役)と僕はとてもいい友達なんだ。一緒に演技することをとても楽しんだよ。

 キリがないのでとりあえずここらでupしておきますね。
 いずれ、海外組の協力をへて、全部訳せたらな~と思いつつ★
 英語のみですが、音質はあまり良くないのですが全部をupしてくれたKatrinaに感謝感謝です。

video by KatrinaFPfan (Thanks a lot!!)

 さてパネルが終了すると、今度はサイン会です!

| Fan Expo Canada 2012 | 08:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Headstones New Album

 以前、「フラッシュポイント」のジュールズ役を演じているAmy Jo Johnsonが短編映画「BENT」を制作する為に資金集めをしておりましたが、ご協力頂きました皆様ありがとうございます。
 撮影は順調に進んでいるようで、先週は初のラフカットの確認を行ったとのことです。facebookでは随時ニュースがアップされています。
 BENT facebook


 そして今度はエド役を演じている、Hugh Dillonの所属するロックバンド、ヘッドストーンズ(Headstones)がニューアルバムへの資金集め(?)を行っています。
 同じように金額に応じて特典が変わるのですが、最低額の10カナダドルで新譜のダウンロードが出来るので平たく言えば音楽購入と変わらないので損はありませんね。

 しかしビックリしたのは、500ドルでHughからパーソナルコールが貰えることでしょうか!国際電話でも大丈夫なのかなぁ。。。と一瞬考えたりして。(笑)
 15ドルでCDが手に出来ますのでお手頃価格でいかがでしょうか?
 サイトに行けば、どんな音楽をやっているか試聴も出来ますよ~。
 Pledge Music Headstones

| フラッシュポイント:Flashpoint | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本番!Fan Expo Canada 2日目!(その2:FP編)(トロント旅行記7)

 いよいよFlashpointのパネルが始まる会場へと足を踏み入れて、「うわ、もうすでに半分は埋まってるよ~~。少しでも前のところに・・・」と焦りつつ歩いていたものですから、誰かが私に向かって来たなんて注意してなかったんです。そこにいきなり笑顔の女性が私の正面に。

 「貴女、Leeだよね?私、Sharon。FlashpointTeamOne(Twitter,Facebookのアカウント名。その実、番組の共同プロデューサーの一人)よ。私、貴女を間違えないように、Facebookで顔をチェックしてたのよ。はじめまして!わざわざ日本からようこそ」

 以上をいきなりハグ付きの大歓迎を受け、マシンガントークさながら捲くし立てられて、私は思わずポカーン!「こちらこそはじめまして」というのが精いっぱいでした。というか、本当はそうやって話してる間にも人がどんどん会場内に入っていくのを横目に眺めていたので、自分の席の心配しかしてなかった現金な私。(苦笑)

 「StephanieとMark(二人ともパネルゲスト出演のFlashpointのクリエイター)が個人的に貴女に会いたがってるの。だからこのパネルが終わってたら、絶対に私のところへ来てね」

 えぇ!?なんだって?確かにTwitterで「パネル後に挨拶に来てね」なーんて言われてたけど、そんな本気で受け止めてなかった私。本当に?と思いつつ、承諾の答えを返して「えぇっと、席が無くなる前に自分のを確保してきていいかしら?(汗)」と伝えると「もちろんよ!さぁ行って!」とようやく解放されました。
 真ん中の通路からでなく、端を進むと前から5列目で空席発見!「ここ、空いてる?」と隣の女性に聞いて確保!!やったーーーラッキー!こんな前だvvvvと内心ホクホクしてたら、おもむろに隣の女性が「貴女日本から来てるのよね?私の娘が貴女にとても会いたがってたの」と3つほど隣向こうの女の子を指し示す。なんだって???私に会ってどーするのよ!!!何もでませんYO!

 そうしてると、Sharonが再び戻ってきて「貴女の写真撮ってもいい?」もちろん!(iPadで写真ってのにビックリした)もちろん団扇を構えてv(後日この写真が一瞬、カナダのTVに映ることに・・・)写真の後、再び「このパネルが終わったら、必ず私のところへ来てね」と念押しされました。とにかく何なんだろう、このCanadaのフレンドリーさ。私は日本から来てるとはいえ、ただの一Flashpointファンなんですけど。。。再びポカーン状態に陥る私。
 「何が起こってるのかよく分からない・・・」と呟くと、隣の女性は「これから前にゲストが来て、皆の質問に答えてくれるのよ。貴女ももし何か質問したければ何でも聞けるわよ」と丁寧な答えが返ってきた。いやいやいや、私が言ってるのはそうではなくて!!!!(笑)(もちろん「ありがとう」と笑顔で返しましたが)

 そうしてる、司会が来て、そして5分ほど最終シーズンである、S5の第一話をちょっとだけ上映。。。緊迫したシーンにみんなが息をつめて見入ってる最中にいきなり終わって、会場中があぁぁ・・・と溜め息。(笑)そしてようやくゲスト登場!!!
 わぁぁぁ~~~~と思って見てると、あれ?れ?れ?れ。。。。Enricoがいなーーーーい!(泣)私、この時までグレッグ役のEnricoが仕事の都合でキャンセルになったのを知らなかったのでした。(Facebookが一番のFP情報ソースなのですが私はあんまり上手に活用できていません(沈))私の小ハゲさんがーーー!!が、泣いてる暇はありません。お目当ての人がいないとはいえ、そこには夢にまで見たFlashpointの面子が並んでるのです。
 必死にシャッターを切るものの、私のダメカメラでは5列目でも碌な写真が撮れません。ちぇーっ。それでもなんとか修正して見れるようになった写真をちょっとお披露目しておきますね。

 クリエイターのStephanie MorgensternとMark Ellis
DSC00026b.jpg

 S2の後半に初登場して、S5でチーム1に戻ってきたLeah役のOlunike Adeliyi
DSC00023b.jpg

Spike役のSergio Di Zio
DSC00025b.jpg

Sam役のDavid Paetkau
DSC00028b.jpg

ちなみにプロ?が撮った素敵写真はこちら~★

 質問をいろいろ聞いてたのですが、よし自分も・・・と思いついたところから、ろくにみんなの話が耳に入ってきてないダメな私。。。珍しく沢山聞きたいとこがあるというのに(でもその殆どがキャストでなく、制作側へというのが本当に自分で珍しいです(苦笑))どれか一つに絞らなくちゃ。
 で、ようやく思い切って(挙手の代わりに)団扇を上げる。一回目は指名されず。はっきりと答えが終わったというのが読めず、私にはどのタイミングで挙げるべきなのかよくわからなくて。。。そうしてたら隣の隣の女性が「今挙げて!」と教えてくれて、見事質問権ゲット!
 
 緊張の中、立ち上がった私。。。

 続きはまた次回!

| 未分類 | 08:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本番!Fan Expo Canada 2日目!準備編(トロント旅行記6)

 Fan Expo Canadaの二日目です。この日の目当ては、Flashpointだけ!!パネルは3時からってことで、朝食を済ませた後は、それぞれのキャストに渡す手紙を書き書き。。。4通書いたところで、スタッフに向けても書きたかったけれどこちらは気持がおっつかなくて、結局諦めました。前夜にもツイッターで呟いてたところ、(日本にいる時は、海外のフラッシュポイントファンとは全く繋がっていなかったのに、参戦を決めたところで、どんどんとフォロワーが増えました。やっぱり公式の力は凄いです!)関係者とは会って多少なりとも話が出来るだろうし・・・と思ったので。

 そしてチョコレートをデコる!!!
DVC00017b.jpg

 あとはお手製Tシャツ、どちらにしようかな~~ってもちろん今日は左の★
DVC00999b.jpg

 そして、出発間際に徹夜で作った団扇・・・<3
fp_fan.jpg

 準備が整ったところで、1時過ぎくらいにようやく出かけました。ホステルからは歩いて20分くらいです。

 私でも迷わない位置にある会場へ着いて(なんせ迷子の名人)、一番にCTVブースへ行こうと思ってたのですが、まずはFlashpointのパネル会場へ下見に。まだ一時間以上もあるから~~とゆうに構えてたら、入口の横にあれれ・・・もう人が並んでる???
 よもやと思いつつ聞いてみると、「フラッシュポイントのパネルだよ」と言われ、急遽予定変更。一番に並んで、最前列をゲットしたかったのに!!!カタログには「15分前には会場へ行くことをおススメします」なんて謳ってあったのを鵜呑みにした私が馬鹿だった。。。「階段のところまで列は続いてるよ」と言われて歩いてく。まだ一時間以上あるのに、長蛇の列!そーいやFlashpointはカナダ、しかもトロントで撮影された地元ドラマでした。人気があって当たり前っちゃー当たり前。。。

 己の不甲斐無さを呪いつつ列の最後尾に並んでると、すぐに後ろには女の子二人とそのお母さんが来て、見る間にどんどん人が増えていく。なんでも長女がFlashpointの大ファンらしくて、お母さんは付き添い。下の女の子もまだ小さいのに大人しくしてる。やっぱりこちらでは、コンベンションって文化の一つになってるんだなぁ。ちなみに長女ちゃんのお気に入りキャラはJulesだそうです。:)
 1時間も一人で暇~~ってことで、後ろの親子とおしゃべりしたり、たまらず座り込んだら前(というか壁を背にしてるのでむしろ隣)の男性がバトルスターギャラクティカのブロマイドを眺めてたんですが、それが小さく全員が入ってる写真で、しかもそれに数えきれないくらいのサインが。。。うわ、凄い!と聞いてみたら、今回はBSGでアポロ役のジェイミー・バンバーのサインを貰いに来たらしいです。うほほ。本当は彼のパネルも聞きたかったそうだけど、フラッシュポイントの列が凄かったから諦めてこちらに並んでるみたい。「マルチコンでは、全部を見ることは出来ない」とぼやいてたけど、激しく同感。まさに「こちらを立てれば、あちらが立たず」状態ですものねぇ。

 そうこうしてたらようやく列が進んだ~~~!!!!「やっとだね!」とわくわくしつつ、会場へ入ると既に人が半分以上埋まってる、うわーーーん!まともに見えないんじゃないかと思ってたら、いきなり声を掛けられました。。。

 続きは、次回。

| Fan Expo Canada 2012 | 08:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英語でファンレターを書こう!(Flashpoint編)

 更新が滞ってて申し訳ありません。トロント旅行記、ようやく画像ソフトも使いこなれてきたので続きを近々アップしていきますね。

 Flashpointの布教も順調?で、先日はツイ友さんに「すっごく面白い!!」と言って頂いて大変喜んでいます。見れば普通に面白いと分かる素敵なドラマですよ!!


 さて、日本国内では残念ながらS2までしか放送・DVD発売になっていませんが、本国カナダでは既に最終シーズンの4話まで放送されています。(カナダでは本日、S4のDVDが発売!!!)
 そして、米国ではとうとう本日がプレミア放送!多くの米国ファンが大興奮で喜んでいますよ。いいなぁ、日本ではいつになるかしら?でもまだまだ諦めてませんからね。少しでの多くのファンが増えればいいな~~とこのブログやっております。

 この米国でのプレミア放送に先駆けて、またもFlashpointのクリエイターであ、Stephanie MorgensternとMark Ellisがウェブラジオ番組に出演していました。(放送日の前日の番組なのでタイトルが[Tomorrow Will Be Televised]となっています)なんと電話やメールでご本人たちに質問できる、視聴者参加方式!!あー、是非とも参加したかったです。(泣)(現地時間3時からでした)
 日本語に訳して載せたいのは山々ですが、翻訳は時間があるときにさせて頂くとして、まずは先にご紹介しておきます。番組がはじまって30分過ぎたところで、Flashpointコーナーになります。

 Tomorrow Will Be Televised 10/15 by simonapple04 | Blog Talk Radio 


 そして最後は表題にしてる、Flashpoint陣へのファンレターのおススメです。プロデューサーがtwitterで「明日は郵便局へ行くわよ~」と呟いて添付されてた写真が、なんと!噂には聞いていた、Flashpoint castのサイン入りブロマイド。これがかなりしっかりした出来栄えじゃないか~~~!!欲しいよ、欲しいよぉぉ~~~!!!とファンならば涎ものの品です。

twitter_01.jpg
誰でもファンレターを送れば貰えるらしいので、その宛先を記しておきます。

Flashpoint
(誰か特定のキャストに送りたい場合はこの位置へ名前を記載)
2482 Yonge Street
PO Box 45009 Mid Yonge PO
Toronto, ON M4P 2H0


 ※上記のアドレス以外に送られたファンレターにつきましては、ブロマイドが送られてくるかは定かではありませんので、ご了承ください。(あるいは送られてくるにしても、かなりな時間がかかると予想されます)

 基本は番組へのファンレターなのですが、もし特定のキャストにファンレターを送りたいということでしたら、上記の送り先の赤い部分(Flashpointの下)にキャスト名をご明記して頂ければ、それぞれのエージェントに転送して下さるとのことです。
 また送られてくるブロマイドの指定も可能です。「このキャラのブロマイドが欲しいの!」と一言添えておけば、希望のものが送られてくるはずです。

 さて、私も久々にレターセットを引っ張り出さなくちゃ!!(笑)

| フラッシュポイント:Flashpoint | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fan Expo Canada初日!まとめ (トロント旅行記5)

 Rainbow Francksは会場を出たところでファンに囲まれていました。わぁい!彼に会えるなんて、すんごいボーナスです。最近では「リスナー」のS3でレギュラー出演してます。実はこっそりCTVブースでFlashpoint同様に参加しないかなぁと思ってたのですが、秋の新作ではないために除外されてしまったようです。ガックリしてたので、これは本当にビックリしつつ自分のラッキーさを実感しました。めちゃくちゃ嬉しい。
 「リスナー」ではハゲで出演。そのためか、頭に被ってる帽子が凄く可愛くてよく似合っています。
 RF01

 最初は周りで眺めてたんですが、すんごく気さくな人で見ててますます嬉しくなりました★
 サインも写真もお願いしたかったのですが、とりあえずは他にファンもいるし・・・ということで、先に写真だけお願いすると快諾して頂きました。Rainbowと一緒に来てる方が写真を撮って下さいました。
RF02

 「日本から来ました~」と言うと「楽しんでる?」って。うん!写真は撮って他の方が待ってたのですぐに離れたためにそれ位しか話せなかったんだけども、そのまま眺めてたらサイン貰ってる人も!うわ、スターゲイト:アトランティスのDVDに羨ましい!!
 私も出来ることなら・・・とカバンをゴソゴソして日記帳と必須の銀ペンを取り出して用意。(爆)そうしてると、一緒に写真を撮りたいとコスプレした人が準備してる間に、サインをお願いできました!これが・・・地面にしゃがんで膝の上ですっごく丁寧にサインしてくれるんですよ~~~感動しちゃいました。ここぞとばかりに、自分もしゃがんでお話。

 「twitterで私の呟きをRTしてくれてありがとう!」
 「え、してた?」
 「うん(笑)、あと質問にも答えてくれてありがとう。私はリスナーが大好きで・・・貴方は撮影の間、髪の毛を足元に転がしておくんだよねぇ?(笑)」(これは、初めてリスナーでRainbowを見た時に嬉しかったけど、ハゲってのにもビックリして思わず髪の毛はどこだー?とtweetしてたら彼が答えてくれたのです。質問したつもりじゃなかったのに・・・(笑))
 「あぁ!うん、そうそう(笑)」
 「私、CTVブースにリスナーも来ると思って期待してたんだけどなー」
 「そうなんだよ、リスナーは呼ばれてないんだ。良いドラマなのにね。でも僕は週末ずっとFan Expoにいるよ」

 ほんの2分くらいだけど、ちゃんとお話出来て満足!!一生懸命時間をかけてサインをしてくれたRainbow、ファンが思わず「彼はアーティストだな」と言ったほど。(笑)本当にこんなに時間をかけて丁寧にサインしてくれる人を初めて見ましたよーーー。海外のSGAファンが、次回のStargate Chicago Conには是非ともRainbowを!!って言ってるけど、一人一人にこんなに丁寧なサインしてたらどれだけ時間かかるのかしら・・・と思わず考えちゃいました。(苦笑)
DSC_0063b.jpg

 私のFan Expo Canadaは完全にRainbow Francksで終わっちゃいました。あんまり嬉しくてそのままホステルに戻ってしまったので、「Revolution」の試写に参加しようと思ってたのを忘れてました。(爆)
 そして、ホステルにはちゃんと私の荷物が届いてましたよ!!!!よかった~~~~!!!!これで、明日の本番に備えられます!

 さぁ、明日はいよいよFlashpointのみんなに会えます!(悶絶)

 そうそう、SGAのTシャツ写真のリクエストを頂きましたので、DWのと一緒にご紹介しておきますね。
DSC_0072b.jpgDSC_0073b.jpg

| Fan Expo Canada 2012 | 07:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fan Expo Canada初日!後編 (トロント旅行記4)

 メイン会場に戻ったらサインブースのところで行列が・・・何かと思ったら写真OP(好きな俳優と一緒に写真が撮れる権)チケットを買うのに並んでる列とか。うぬぬ。もちろん並ぶしかありません。でも列がなかなか進まなくて結局1時間ほどかかりましたよ。一人は暇~~~ってことで前にいるお兄さんに話しかけ。。。アメコミファンらしくて、スタン・リーにサイン貰って一緒に写真撮ってもらうと興奮してました。(笑)
 列に並んでるうちに、処刑人兄役のショーン・パトリック・フラナリー登場。ファンの要望に快く応えて、ファンの傍まで下りてくる姿にはちょっと感動。(写真もOKしてましたー)噂には聞いてましたが、いい人だぁぁ。そんなのを横目に眺めつつ並んでたんですが、列を整頓してるスタッフのおじさまは「SPFの写真が撮りたかったら、撮りに行ったらいいよ~」ですって!なんて素敵なの!!一時列を離脱して私のダメカメラでもなんとかズームで顔が撮れるくらいに近づいたのですが、ブレてて全滅。。。(ガックリ)
P1060663b.jpg

 それぞれの俳優さんと一緒に写真を撮れる時間は決まっていて、他のスケジュールと上手く調整しなければいけません。カタログと睨めっこしながら決定。結果3日目が集中的に写真OPを行うことに。写真撮りたい人は沢山いますが、如何せん先立つものが限られているので厳選しました。。。このチケット、写真回収するまでなくしてはいけません。
photo op tickets

 こちらもぼけぼけになってしまった。元祖ハルクのルー・フェリグノ。(Lou Ferrigno)この方、近年のハルク映画でもハルクの声をやってたり、警備員役で登場してたりするんですね~。
P1060690b.jpg

 さて、一度ホステルへ戻りビデオカメラ抱えて、8時から「スターゲイト:アトランティス」のジョン・シェパード役、ジョー・フラニガン(Joe Flanigan)のパネルに間に合うように戻ってきました。
 結構会場は広いかな。真ん中よりも前の方に座れましたが、私のコンデジではズームを最大限にしても小指ほどのJoeが精いっぱい。。。(苦笑)とりあえず、Joeが大好きな友達の為に頑張ってビデオ撮影しました~~。写真もいくらか撮ったのですが、かなり画像が粗かったです。(加工して何とか見える位には・・・)
JF03

 ちゃんと司会もつくのですね~~。私にはさっぱり分かりませんでしたがカナダでは有名な人だったのかしら??最終日のアマンダ・タッピングのパネルの時にも同じ人が司会をしてました。観客の反応がかなり良かったです。
 始まった時は結構空席があったものの、いつの間にか満席になっていてやっぱりスターゲイトは人気あるんだな~と実感。そして始終にこやかでご機嫌のJoe。やはり質問はスターゲイト関連が多かったです。英語があまり得意でないうえにJoeの英語が私には聞き取りにくくて、超絶意訳プラス勝手な想像(そして順不同)で申し訳ないのですが、少しだけお届けします。間違いがありましたら是非ご指摘下さい。随時訂正致します。 

●素晴らしい5年間を過ごしたと何度も言うJoe。今もお互い連絡を取り合っているようで、ロノン役のJason Momoaは前日、マッケイ役のDavid Hewlettは当日の朝に連絡があったとか。

●スターゲイト:アトランティスのキャストで誰を叩きたいかという面白い質問が。「僕は番組の中で君がマッケイを叩くのを見るのが好きなんだ」「僕もだよ」というJoeの答えに会場爆笑。実はあのシーンは、撮影してるのを忘れてて思わずJoeの手が出ちゃったのを番組で使われた・・・というのがはじまりだそうで。今では多くのファンに愛されてるシーンになりJoeも喜んでいます。

●JoeのルームメイトでもあったJasonとは特に仲が良いようで、それだけ面白い話が沢山あるようです。彼はとても悪戯好きでもあり、エロ雑誌の1ページをPCが入った鞄に仕掛けられて、空港のセキュリティで開かざるを得なかったJoeはビックリ!女性スタッフもビックリ!!会場は大爆笑!!!

●何度聞いても面白いJoeのヘアリスト泣かせの髪形!どんなに固めても時間が経てば、ピン、ピン・・・と立ってしまうのを手で表現しつつ・・・(笑)
JF04

●ウィアー役のTori Harriganが降板した後、女性起用を希望したJoeに暫くしてスタッフから「Amanda Tappingはどう?」と連絡がありました。「彼女はとても素晴らしい人物であり、友達であり、一緒に仕事をしやすいけれども、一つだけ懸念したんだ。それはスターゲイト:アトランティスはSG-2ではないということ」
アトランティスのオリジナリティを大事に思っていたようです。

●S1ではシェパードの部下、フォード役を演じてたRainbow Francksが実は会場後ろにいました!パネルの途中で彼を指さして紹介!!
JF02

JF01

1時間はあっという間。その全部をyoutubeで見つけたのでご紹介しておきます。


この後、Rainbow目指して会場後ろへダッシュした私です。

| Fan Expo Canada 2012 | 07:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fan Expo Canada初日!中編 (トロント旅行記3)

 まだまだ会場内はガラガラ。週末はどれくらい人が増えるのか見当もつきません。まずは最初にCTVのブースへ。そんなに大きくないです。とりあえずはFlashpointのS5のプロモが流れていたのでカメラに収めました。
CTV01

 あとは会場内をとにかくうろうろ。。。8時まで時間はたっぷりあるんだもの~。「ウォーキングデッド」のトートバック持ってる人がいやに多いと思ったら、ゲームのブースに無料頒布していました!嬉しい~~~ってことで一つ貰う。(この日は何人かに「それどこで手に入れたの?」と聞かれた。やっぱり人気あるのねぇ)
TWD01
 
 無料頒布の品がとにかく沢山あって、ポスターとかも色々頂きました。持って帰るのが大変ですが、それはまたあとで考えるとして。(笑)あとは商業ブースでTシャツが沢山!!!「スターゲイト:アトランティス」のS4バージョンがありました。(喜)「ドクターフー」は凄く沢山の種類が。色々悩んでやっぱりDalekですよ。むふふ。

 「アベンジャーズ」のブースではステージが作られてて、その後ろには巨大ポスター。
Avengers01

 Legoのコーナーでは実物大かと思うほどの「ホビット」のビルボとガンダルフが。(全部Lego!)Lego01

 そしてHobbitの超巨大ポスターが!
Hobbit01

 「スターウォーズ」関連のコーナーでは凄く精巧な実物大ダース・モールがいました。カッコいい!!
SW02

 メイン会場を出て歩いていると、なんと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンが!!
De Lorean

 更に進むと色んなメカたちが・・・。凄いなぁ、ヲタクパワー!(笑)
SW01

 うろうろしてたら2時間なんてあっという間でした。

| Fan Expo Canada 2012 | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fan Expo Canada初日!前編 (トロント旅行記2)

 さて、寝て起きたら朝です。いよいよ今日からFan Expo Canadaが始まりますよ!とりあえずシャワーを浴びてさっぱりしたところで、無料サービスのパンケーキを頂きにキッチンへ。。。口コミで聞いてた通り、本当にパンケーキだけ。それでも十分有難い。今回は会場には近くて安い、しかもバスタオルと朝食が付いてるということで選んだホステルなので最初から覚悟の上。どうせ寝るだけだし。(笑)
 ちなみに、パンケーキにはカナダなのでメープルシロップ!!!なんですが、実は私はメープルシロップ苦手な人なのでした。(苦笑)あの匂いがなんとも・・・ということで、シロップのそばにあったもう一つのボトルに着目。スタッフに聞いてみると「レモンジュース」だとか。パンケーキにレモン汁をかけて更に上から砂糖をかけるんですって。甘いよりも酸っぱい方が好きな私にはもってこいでした。この日から毎日1週間パンケーキを食べ続けるわけですが、メープルシロップは最初の1枚に留まり、あとはバターだけとかレモン風味にして頂きました。

 今日は初日ということで、Fan Expoの会場は昼過ぎから開場するものの、スケジュール表に記載されている催しは夕方の5時から。セレブ達の殆んども明日から参加が殆んどで、私的には8時からのJoe Flaniganのパネルくらいかなって感じでゆる~く構えていました。それに明日が本番なのに、今日中に荷物が届かなければ・・・とまだまだテンションが下がったまま。それでもフロントで空港から荷物が届くから受け取って貰うようにお願いして、いよいよ外出!!

 なーんていい天気なの~!日本よりは気温が低いのですが、それでも湿度が同じようにあるので歩いてるとすぐに汗が出てきます。うえーん、聞いてた通り。それでもCNタワーが見えてきたら思わず笑顔になります。 

CN Tower

 まずはフロントで教えて貰った近くの銀行へ。両替しなくちゃカナダドルがない。普通に観光するだけならクレジットカードで事足りますが、コンベンションでは現金が主流。(オンリーだと結構カードが使えたりもしますが。)
 銀行に口座を持っていないと手数料に3ドル掛かると言われましたが、もちろん一つ返事でOK。1ドルが約82~83円也。うーん、結果的にはやっぱりクレジットカードが一番安いです。(クレカ明細を見たら80~81円位)

 とりあえず現金を手に入れたところで、今度はユニオン駅を目指して歩きます。ユニオン駅の向かいにあるFairmont Royal YorkがFlashpointのロケ地の一つなんですよね。(Sさま、情報ありがとうございました!)歩いてるとCBSの建物があったり、Tim Hortonsのお店(スタバのようなカナダのコーヒーチェーン店)があったり・・・そして見えた!

FPLocation01

 このホテル、FlashpointのS1第10話「Eagle two」のロケ地に使われています。(そしてS5第1話でも・・・!)
最初はほえぇぇ~~~と外観を眺めていただけですが、ままよっと思い切って中に入ってみました。しかし残念ながらどこがシーンが使われたか覚えてないという体たらく。。。ということで、とりあえず色んなところをカメラに収めてみました。(もっと撮っておけば良かったと帰国に後悔)
 Hotelの地下からユニオン駅に繋がってるらしいので、ちょっと潜ってみました。なんせトロントと言うところは「みんな地下に住んでるの?」と言うくらい地下街が発達しています。おかげで旅行中の半分はダウンタウンへ行くまでお店を探すのすら四苦八苦しました。その地下でゴディバのお店発見!私はチョコレートと言えばデメルが大好きでゴディバはあんまり好みじゃないのですが、ガラス越しに見えたイチゴがあまりに巨大だったものでそちらにふらふらと引き寄せられて一つ買っちゃいました。大きな兄ちゃんの店員さんに「君のストラップイイね~僕はA-teamが好きなんだ」と言われてちょっとほっこり。一番大きいイチゴ!しかし5ドルと言われ、すっかり5ドル出す気満々だったのに、税金を足されてガックリ。そーか、ここは米国と同じ仕組みなのねぇぇえ。

 Chocolate

 地上に出て、ランチ代わりにイチゴを頬張って一服。そうしてたらお仲間と思しきお兄さんたちが歩いていました。少し早いのだけど、私もチケットだけは手に入れておくかとその後へ続きました。会場付近になると段々人の数が増えてきて・・・しかも当日券を買う人たちはすんごい行列!びっくりしてたら、すでにネットでチケットを購入してる人は北口から入れとのこと。汗だくなりながら来たのに・・・と元来た道を戻り、ようやく受付してチケット代わりのリストバンドを手に入れました~!これは4日間外してはいけないのです。(笑)カタログを手にして出口へ進むと・・・あれれ?自動的に会場へ向かう列に入っちゃってますか?えーーそんなつもりはなかったのに。うひーまだまだ3時にもなってないんだけど・・・でももう後戻りは出来ません。並んでると棒グミを無料で配ってたので頂く。ある意味非常食ですよ!

DVC00009b.jpg

しばらくして、ようやく列が進みました!途端に皆が拍手!!いよいよ~~~!!!! :D

| Fan Expo Canada 2012 | 05:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってしまえ、トロントに!(トロント旅行記1)

いよいよ、FlashpointのJules役Amy Jo Johnson企画の短編映画「BENT」の募金キャンペーンが余すところあと1日!!!まだ未参加の皆様、Amy JoのCD、彼女とWordy役のMichael Cramのサインも手に入っちゃうこの企画をお見逃しなきよう、急げ~~~!(少額は10ドルから。募金額に応じて特典が変わります。アソシエイト・プロデューサーとして名前を残すことも出来ますよ)
映画はいよいよ4日後から撮影開始となります。ラストチャンスはこちらから!


さて、ようやく重い腰をあげてトロント旅行記を。お待たせいたしました!

Flashpointにすっ転んでから、DVDをレンタルしてS1とS2は見たのですが、色々調べていくうちに実はS2は18話であると判明。不足分のS2エピソード、そしてS3とS4も原語で見て、Flashpointへの熱はどんどんと上昇。twitterで関係者をフォローしてるうちに、S5の撮影が始まり6月には見に行けるかなぁ・・・と思ったのですが、金銭的問題で泣く泣く諦め、そうしてるとなんと「S5を最終シーズンとして、Flashpointは終了します」と公式に発表がありました。まさに寝耳に水。。。後悔先に立たずとはこのこと。もうTeam Oneの面子や関係者たちには会えないわ~~と悲しみに明け暮れつつ仕事をしていました。

が!神は見捨てていなかったのです。実は以前からFan Expo Canadaというコンベンション(有名人が多く参加し、有料でサインをもらったり、一緒に写真撮れたり、コスプレイヤーが沢山て・・・と、映画・ドラマ・コミック・ゲームのイベント)があるのは知っていましたが、公式サイトを見てゲストをチェックしても「いいな~~会いたいなぁ、でもわざわざカナダまで行かなくても次回どこかで会えるよね」って感じで流していたそのイベントに、
まさか2週間前になってCTVブースでFlashpointが参加します。Enrico(Greg役)、Sergio(Spike役)、David(Sam役)、Olunike(Leah役)も行くよ!と発表されるなんて!!!!

どうしよう、どうしよう、どうしよう・・・、行きたいなぁ・・・でもなぁ、無理だよなぁ・・・行きたいなぁ・・・でもなぁ・・・と凄くぐるぐるぐると悩みまして。
 結果的には、イベントが始まる4日前、日本を出発する3日前に決心して航空券を取りました。イベントチケットに至っては締切り直前。我ながらがアホだよなぁ・・・と思いますが、なんせもう撮影は終わってしまってあとは放送を待つだけの番組。しかもカナダドラマとくれば、この機会を逃したら次はありません。SFや米国ドラマだったら、次回のコンベンションで・・・って可能性はあるのですがねぇ。
 そもそもEd役のHugh DillonやJules役のAmy Joは歌手でもあるので、ライブで姿を拝む機会はありそうなのですが、その他の俳優にはなかなかチャンスがないでしょう。更に追加情報で、クリエイターの二人、Stephanie MorgensternやMark Ellisまでもがパネルに参加と聞いてはいてもたってもいれられず。。。

 もしドラマ自体のプレミアがあるなら・・・とtwitterで関係者に問いかけても「うーん、私個人的な意見としては日本からわざわざFan Expoに来るほどではないと思うわよ」とスルーされ、すでに旅行会社で航空券を探してた私としては軽くショックを受けたりもしたのですが、むしろ反骨精神を刺激されたというか、なんとか周りを調整して行ける目処が立った時に、「私も当日会場にパネルを見に行くわよ~」と呟いていたところへ「じゃあ、当日お会いしましょう!日本から行きますよ~」と呟き返したら、「えぇ!?本当に来るなんて信じられない!是非とも声をかけてね!」「ちゃんと会場で自己紹介して下さいね」と反応が。。。

あぁ、本当にインターネットって世界を広くするんだなぁ。。。便利な世の中!というか、こんなに関係者からお答えを直接頂いたのは、ドラマ多しと言えどFlashpointだけです。カナダ人の人の良さに感激しつつ、自家製フラッシュポイントTシャツとぎりぎりでうちわを作る私でした。
 そして、徹夜のまま関空へ向かう私の姿が。。。

空港では何かしらトラブルがある!という伝説を持つ私。今回も然り!
 まずは関空のチェックインカウンターでESTAを取る羽目に。(米国経由でカナダなのに必要だなんて誰も教えてくれなかったーー!)あわや飛行機に乗れなくなるところでした。Unitedのグランドスタッフさんに感謝!!(感涙)
 そしてサンフランシスコでは2時間の出発の遅れ。
 ようやくトロント到着は夜中の1時で、とどめは荷物が無い。。。

泣く前に思わず笑ってしまった(壊れたとも言う)私ですが、とにかく「明日には見つかるから、宿泊先へ届けてあげるよ」という言葉を信じ、手続きを済ませるともう2時回ってる。空港内の両替もインフォメも閉まってますよ!きゃーーーーどうやってホステルまで行けばいいの。と途方に暮れること数分。またも空港内野宿が頭を掠めましたが、それでも宿泊予約してたので泣く泣くタクシー(リムジン?)でホステルへ。
 日頃は学生で週末だけタクシー会社で働いてるという運ちゃん相手に愚痴りつつも、唯一私を慰めてくれたのは暗闇にもライトアップされてトロントに来たんだ!と実感させてくれるCNタワーでした。

cntower_at_night

寝たのは3時過ぎてたよ!目が覚めたら、いよいよFan Expo Canadaの初日です!!

が、続きは次回。

| カナダ:トロント Toronto, Canada | 00:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Toronto舞台のカナダドラマ

英国のツイ友さんに「僕にとってはAmy Joはキンバリー役が一番印象深いんだけど、僕もAmy Joの募金キャンペーンに参加したよ」と連絡貰って感激してる私です!!うわーん、嬉しい!!!
 ところでキンバリー役って??と聞いてみたらば、Amy Joの初のレギュラー番組で「パワーレンジャー」だって!!そういえば、なにかの番組でのFlashpoint俳優を紹介するのに映像を見た気がします。そう、日本で云うところの戦隊もののピンクですよ!(笑)今度探してみよう。

さて、残り3日となりましたFlashpointのJules役Amy Joが企画してる短編映画「BENT」の募金キャンペーンこちらです。少額は10ドルから出来ます。そして金額に応じた特典ありますよ~~v



さて、今回はトロントが舞台/撮影現場のドラマをご紹介。

そもそも米国で撮影するよりも安いから……という理由で、設定は米国なんだけれども、実際の撮影はカナダで行っていますと言うのが昔から多いです。(尤も最近は米ドルが崩れているので、どうなのかよくは知らないのですけれども)
しかしその殆どがバンクーバー。最近はやっぱり有名どころで云えばSUPERNATURALとかそうですよね。私の場合はX-Filesが大好きで、バンクーバーが憧れのカナダの地でした。(そしてスターゲイトも!!)

が、しかし今はトロント。だってFlashpointではトロントが舞台なんですもん。(笑)
何度も何度も上空からトロントの街を映し出す風景を見せられるうちに、エピソードには全く関係ないCNタワーが一種の憧れとかになっちゃったり。実際にトロントへ行ってみたら、街のあらゆる所が撮影に使われてることが分かりました。街の風景が映る度に、ここはどこ!?と目を皿のようにしてヒントを探している私だったりします。
詳しいロケ地紹介は、また次回に・・・ということで、他のドラマをご紹介。

●「騎馬警官」"Due South"・・・シカゴにあるカナダ領事館に勤めるカナダ警察のベントン・フレイザーと愛狼のディーフェンベイカー、そして親友であるシカゴ警察のレイ・ベッキオで様々な事件を解決していくドラマ。その昔、S2までNHKで放送されました。(実際にはS4まで制作されていますが、S3以降は日本未上陸)
 シカゴが舞台で、実際の撮影は殆んどトロント。まだ数話しか見ていませんが、コミカルで面白いです。そして狼犬のディーフがとっても可愛い!!(笑)世界中で愛されていて、カナダドラマを世に知らしめた名作!(ちなみにFlashpointの成功は「騎馬警官」以来の・・・と言われています。)

●「リスナー ~心を読む青い瞳~」"the Listener"・・・救急救命士のトビーは実はテレパスで人の考えが見える。封印してきたその力を使って、やがて警察に協力し色々な事件を解決していくドラマ。現在も制作が続いているドラマで、本国での放送が終わった途端にS3が日本上陸!本日現在でFox/Huluで4話まで放送されていますが、なんと!8話ではFPのSpikeがトビーの親友オズの友達役で登場!!!!!是非とも皆さんにはご覧になって頂きたいです!トロントが舞台の2作だから出来たクロスオーバーエピソードですね。
 FPとカラーが違って、こちらもそこかしこにコミカルさが出ています。(主にボケ役はオズが担当)シーズンが進むごとに主人公を取り巻く環境が変わってくるものの、トロントの風景はFPと被るところが多いし、ゲストスターも見た顔がちらほら。。。

●「ルーキー・ブルー ~新米警官奮闘記~」"Rookie Blue"・・・このドラマは全く見たことがないのですが、日本ではユニバーサル・チャンネルで放送されている、警察学校を卒業したばかりの新米警官たちの青春ドラマのようです。謳い文句が「ポリス版グレイス・アナトミー」だなんて、仕事と恋愛と・・・ってことですよね。(笑)本国ではすでにシリーズが終了したようです。
舞台はトロントなのですが、ズボンに赤いラインが入ってないとなんだかカナダ警察のような感じがしません。(だからNYが舞台だと勘違いする方もいらっしゃるのでしょうか?)それでもトロントの風景のためには一度見てみたいかなと思います。

●「リ・ジェネシス ~バイオ犯罪捜査班~」"Re:Genesis" ・・・日本でもWOWOWで全話放送され、すでにDVDが発売となっているドラマ。トロントのバイオテクノロジー研究機関「NorBAC」を舞台としたバイオサスペンス!私、大昔にパイロットを見ただけです。ちょっと怖いけど、レンタルにもなってるようなので、これからぼちぼち見ようかなという感じ。
FPのEd役のHugh Dillonが出演してるようなので!(笑)←重要です!

とりあえずは以上の4作品を挙げてみました。こうして見ると、カナダドラマもちょくちょく日本には上陸してるのね~~ってしみじみ。なのにどーしてFlashpointはS2で止まってるのかしら・・・と少ししょんぼり。
でも、目指せ全話日本上陸!!!で頑張っていきます。Flashpointスキの人、集まれ~~!!

| フラッシュポイント:Flashpoint | 00:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。