ドラマと映画と私のかたち

大好きな海外ドラマ・洋画について熱く語ります。 只今、カナダドラマ「フラッシュポイント -特殊機動隊SRU-」を絶賛応援中!!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本番!Fan Expo Canada 2日目!(その2:FP編)(トロント旅行記7)

 いよいよFlashpointのパネルが始まる会場へと足を踏み入れて、「うわ、もうすでに半分は埋まってるよ~~。少しでも前のところに・・・」と焦りつつ歩いていたものですから、誰かが私に向かって来たなんて注意してなかったんです。そこにいきなり笑顔の女性が私の正面に。

 「貴女、Leeだよね?私、Sharon。FlashpointTeamOne(Twitter,Facebookのアカウント名。その実、番組の共同プロデューサーの一人)よ。私、貴女を間違えないように、Facebookで顔をチェックしてたのよ。はじめまして!わざわざ日本からようこそ」

 以上をいきなりハグ付きの大歓迎を受け、マシンガントークさながら捲くし立てられて、私は思わずポカーン!「こちらこそはじめまして」というのが精いっぱいでした。というか、本当はそうやって話してる間にも人がどんどん会場内に入っていくのを横目に眺めていたので、自分の席の心配しかしてなかった現金な私。(苦笑)

 「StephanieとMark(二人ともパネルゲスト出演のFlashpointのクリエイター)が個人的に貴女に会いたがってるの。だからこのパネルが終わってたら、絶対に私のところへ来てね」

 えぇ!?なんだって?確かにTwitterで「パネル後に挨拶に来てね」なーんて言われてたけど、そんな本気で受け止めてなかった私。本当に?と思いつつ、承諾の答えを返して「えぇっと、席が無くなる前に自分のを確保してきていいかしら?(汗)」と伝えると「もちろんよ!さぁ行って!」とようやく解放されました。
 真ん中の通路からでなく、端を進むと前から5列目で空席発見!「ここ、空いてる?」と隣の女性に聞いて確保!!やったーーーラッキー!こんな前だvvvvと内心ホクホクしてたら、おもむろに隣の女性が「貴女日本から来てるのよね?私の娘が貴女にとても会いたがってたの」と3つほど隣向こうの女の子を指し示す。なんだって???私に会ってどーするのよ!!!何もでませんYO!

 そうしてると、Sharonが再び戻ってきて「貴女の写真撮ってもいい?」もちろん!(iPadで写真ってのにビックリした)もちろん団扇を構えてv(後日この写真が一瞬、カナダのTVに映ることに・・・)写真の後、再び「このパネルが終わったら、必ず私のところへ来てね」と念押しされました。とにかく何なんだろう、このCanadaのフレンドリーさ。私は日本から来てるとはいえ、ただの一Flashpointファンなんですけど。。。再びポカーン状態に陥る私。
 「何が起こってるのかよく分からない・・・」と呟くと、隣の女性は「これから前にゲストが来て、皆の質問に答えてくれるのよ。貴女ももし何か質問したければ何でも聞けるわよ」と丁寧な答えが返ってきた。いやいやいや、私が言ってるのはそうではなくて!!!!(笑)(もちろん「ありがとう」と笑顔で返しましたが)

 そうしてる、司会が来て、そして5分ほど最終シーズンである、S5の第一話をちょっとだけ上映。。。緊迫したシーンにみんなが息をつめて見入ってる最中にいきなり終わって、会場中があぁぁ・・・と溜め息。(笑)そしてようやくゲスト登場!!!
 わぁぁぁ~~~~と思って見てると、あれ?れ?れ?れ。。。。Enricoがいなーーーーい!(泣)私、この時までグレッグ役のEnricoが仕事の都合でキャンセルになったのを知らなかったのでした。(Facebookが一番のFP情報ソースなのですが私はあんまり上手に活用できていません(沈))私の小ハゲさんがーーー!!が、泣いてる暇はありません。お目当ての人がいないとはいえ、そこには夢にまで見たFlashpointの面子が並んでるのです。
 必死にシャッターを切るものの、私のダメカメラでは5列目でも碌な写真が撮れません。ちぇーっ。それでもなんとか修正して見れるようになった写真をちょっとお披露目しておきますね。

 クリエイターのStephanie MorgensternとMark Ellis
DSC00026b.jpg

 S2の後半に初登場して、S5でチーム1に戻ってきたLeah役のOlunike Adeliyi
DSC00023b.jpg

Spike役のSergio Di Zio
DSC00025b.jpg

Sam役のDavid Paetkau
DSC00028b.jpg

ちなみにプロ?が撮った素敵写真はこちら~★

 質問をいろいろ聞いてたのですが、よし自分も・・・と思いついたところから、ろくにみんなの話が耳に入ってきてないダメな私。。。珍しく沢山聞きたいとこがあるというのに(でもその殆どがキャストでなく、制作側へというのが本当に自分で珍しいです(苦笑))どれか一つに絞らなくちゃ。
 で、ようやく思い切って(挙手の代わりに)団扇を上げる。一回目は指名されず。はっきりと答えが終わったというのが読めず、私にはどのタイミングで挙げるべきなのかよくわからなくて。。。そうしてたら隣の隣の女性が「今挙げて!」と教えてくれて、見事質問権ゲット!
 
 緊張の中、立ち上がった私。。。

 続きはまた次回!
スポンサーサイト

| 未分類 | 08:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://imakeithappen.blog.fc2.com/tb.php/13-89385bb9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。