ドラマと映画と私のかたち

大好きな海外ドラマ・洋画について熱く語ります。 只今、カナダドラマ「フラッシュポイント -特殊機動隊SRU-」を絶賛応援中!!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本番!Fan Expo Canada 2日目!(その3:FP編)(トロント旅行記8)

 実はなんと言って自分を指名されたか分からなかったんですが、なんとか自分が指名されたというのは分かり緊張しつつ立ち上がりました。(聞き直したら"woman who loves Flashpoint"と言われてました。団扇を掲げてたので)
 走り書きの下書きと、頭の中で何度も反芻したことを話そうと口を開いたんですが、なんというか・・・この緊張半端なしです!!!(>_<)頭の中、ぐちゃぐちゃ。。。そうしてると「彼女は日本から来たのよ」って一番前にいるSharon(番組のプロデューサーの一人)が叫んでるし。orz

 「まず最初に、こんな素晴らしいドラマを作って下さってありがとうございます。(すでに最初にどもった!)
 Flashpointはカナダのトロントが舞台のドラマなんですが、何かとてもトロント的あるいはカナダ的な要素をドラマに取り入れましたか?私は日本人なのでそこら辺がよく掴めなくて・・・例えば、"Double-Double"って何か全く分からなかったんですよね。(ここで会場中から爆笑と拍手を頂く。狙いはバッチリ★)
 だからもしそれらを取り入れているならば、どこら辺に注意して見ればドラマをより楽しめるでしょうか?」

 という質問を意図したですが、なんせ文法も時制もめちゃくちゃでした。。。本当に好きな相手だとやっぱり緊張して喋れなくなるのですね。いや、もちろん英語を喋れるというほどでもありませんが、それでも去年シカゴで参加したスターゲイトコンだと多少はましに質問出来てた気がします。。。ガックリ。

 長くて回りくどい私の質問は、そこはそれ司会者によって簡潔に纏められて(ありがとうございます)、クリエイターの二人によってお答えを頂きました。
DSC00026b.jpg

 それによれば、Flashpointドラマそのものがカナダ的であるということ。(ここはMarkが米国との違いをちらりと話していました)特にStephanieによれば、ドラマのスローガンにもなっている"Keep the Peace"というのが既にすごくカナダを象徴してるものだそうです。

 私の英語力ですから簡潔にまとめ過ぎてたらすみません。ただどこがどうという面白エピソードを答えで貰うことはなく凄く真摯に答えてくれたそれに、今更ながらFlashpointというドラマにどれだけ思い入れて制作してきたのか感じ取ることが出来ました。ありがとうございます。

 では他に面白いQ&Aをちらりとご紹介していきましょう。(例によって、滅茶苦茶な意訳、また順不同でのご紹介です。間違っているところがあればご指摘下さい、随時訂正致します。)

 ●「一番お気に入りのエピソードは?」
  Mark: 1st S1x12"Haunting the Burn"
     2nd S2x10"One Wrong Move" for especially Sergio's reaction.
  Stephanie: S3x18"Behind the Blue Line"
  Olunike: "自分が出ているのは全部"
  Sergio: S3x07"Accectable Risk"(タイトルを覚えてなかったのですが、会場内から答えが)
  David: S1x12"Haunting the Burn"
f0357504b.jpg

 ●「また違うドラマで警官役を演じたい?」という司会の言葉を受けて、Olunikeは「もちろんよ」と即答。他の二人からは答えが返らず、「どうなんだい?だってちゃんと訓練を受けたし、どうやって銃を構えるかももう分かってるだろ?」にDavidは「僕はあのユニフォームが恋しいよ、本当にね」と。
DSC00028b.jpg

 ●「セットから何か貰って来たものはありますか?もしあるなら何を?そして何故?」
 David「(冗談で)銃・・・(会場爆笑)いや、僕はシャツを持ってるかな。(その後が聞き取れず)」
 Sergio「僕は沢山の物を持ってるよ。(会場爆笑)(その後が聞き取れず)」
 Olunike「私は全部の脚本をとってあるわ。あとは(StephanieとMarkを見つつ)貴方達が最後にくれた時計を」

 ●「リスナー the Listener」のS3x08話でスパイクが登場していることに対して、どうして出演することになったのか?という質問に、Sergioが「スパイクが怪我して病院に行くと・・・何が起こったと思う?OZがいたんだ!それってクレイジーなことかい?それは偶然でただそうなったんだよ。
 楽しかったよ。Ennis(リスナーでオズ役)と僕はとてもいい友達なんだ。一緒に演技することをとても楽しんだよ。

 キリがないのでとりあえずここらでupしておきますね。
 いずれ、海外組の協力をへて、全部訳せたらな~と思いつつ★
 英語のみですが、音質はあまり良くないのですが全部をupしてくれたKatrinaに感謝感謝です。

video by KatrinaFPfan (Thanks a lot!!)

 さてパネルが終了すると、今度はサイン会です!
関連記事
スポンサーサイト

| Fan Expo Canada 2012 | 08:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://imakeithappen.blog.fc2.com/tb.php/14-b6e1fc30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。